登起波牛肉店

基本情報

企業
登起波牛肉店
米沢市中央7丁目2−3
五代目店主 尾﨑 仁
五代目店主 尾﨑 仁
尾﨑 美聡
0238-23-4400
tokiwa@yonezawabeef.co.jp

詳細情報

産品やサービスの内容
創業明治27年、米沢で1番古くから営業している老舗の牛肉店として、確かな品質と味にこだわり、代々変わらぬ美味しさを守りつづけております。
市内に米沢牛専門店の「登起波牛肉店」と、米沢牛レストラン「米沢牛 登起波」「登起波分店 登」がございます。




皇室献上 登起波漬

挑戦していること
米沢牛を日本一のブランドにするために日々研究し、世界中の人々に食べていただけるようPRしております。

創造していること
本物にこだわる方にお届けしたいという想いから「登起波ブランド」を確立するため、古き良き時代より変わらぬ旨さ、本物の味と心を伝えております。

中でも、二代目が明治30年頃に発案した「登起波漬」は、大正、昭和と皇室献上の品として代々引き継がれ、現在でも米沢の名物となっております。昭和30年に県の依頼により観光物産名物にするため製法を公開し牛肉を代表するお土産となりました。
今後も改良を重ねながら皆様にご愛顧頂けるよう守り伝えたい一品でございます。

具体的な品質向上への取組み
登起波牛肉店は米沢牛枝肉市場に直接の買参権を持つ数少ない肉屋。店主自らが競り落とします。肥育日数、やわらかな肉質、霜降り度、照りや手で触ると融ける良質に仕上がった脂、細部までいくつもの基準を満たした牛肉だけが米沢牛の中でも「登起波ブランド」となり、代々引き継がれてきたこだわりがございます。
米沢牛を100%仕入れており、他の地域の牛肉は仕入れておりませんので混ざることがありません。

更なる品質向上を目指し、肉の切り方の技術を高め、最高級の米沢牛を最高の形で提供するための調理技術向上、レストランでの接客や精肉店の販売・通販事務のサービス向上、特許技術の導入や最新の衛生設備に改装するなど、お客様満足を追求するため社員一丸となり取り組んでおります。

発信者情報
 ホームページ:https://www.yonezawabeef.co.jp


コメントを残す