nitorito

申請者情報

企業
青文テキスタイル株式会社 
米沢市東2丁目7−163
寺島 規人
鈴木 健太郎
鈴木 健太郎
0238-23-8334
nitorito@aobun.co.jp

AWARD申請内容

:二次審査中


:産品

受賞を目指す産品やサービスの名称
nitorito



ストールを身につけたnitoritoビジュアルイメージ画像


申請する商品やサービス等の概要
米沢発信のファクトリーブランド 『nitorito』 米沢の風景 文化 からインスピレーションをもらい それらを元にデフォルメした風情を ジャガード編みで表現したストール


挑戦と創造のストーリー
上杉鷹山が奨励したことから生まれた米沢織は 昔からある地域産業です。ひと昔前は工業出荷額も一定の規模もあり米沢の旗艦産業として栄えたのですが 海外生産の安価生地の輸入品の増加 ファストファッションの台頭やUNIQLOによる日本人全体のカジュアル化など 我々が扱う生地の出荷額が段々と細くなってきました。
現在では知名度としては聞いたことがある程度で米沢市民の認知度および期待度は低く決して誇れる産業ではなくなってきました。
我々の商売相手はあくまでアパレルで アパレルが良いと思うものを欲しがっているものを提案し採用されれば布を生産していくという生産体系です。
実際に使用された布は洋服になり百貨店を中心に店頭に置かれるわけですが 出来上がりの洋服にはアパレルのブランド名前や生産国は書いてありますが 生地を生産した地域が表記されずにいくら生産しても米沢織の知名度が上がる事は皆無で 生産しても 生産者の名前は消えるという現象になっています。その1番の要因は生産するメーカーに工場ブランドが無いからなのです。
ファクトリーブランドを立ち上げる ここから新しい定義となる米沢織ブランドのスタートとなる様に nitoritoを立ち上げ 米沢ファッションを代表できるよう挑戦と想像を精神でブランド展開をしていきます。


商品やサービス等の品質の高める工夫
ウールが熱により詰まる(フェルト:縮絨)現象を利用して 四方をハサミで切っても断面がほつれてこないので縫製しないでそのまま使用できる編み地を開発したその結果肌ざわりもよく 切りっぱなしにする事で製品としてもかっこよさが増す nitorito用に特注したオーストラリア産メリノウールを使用してるので風合いも柔らかく非常に良い。
1枚 12.000円〜15.000円の価格帯
縫製をしない分 費用を商品の原料に転化できるので価格帯以上のリッチ感があります。

お客様の手元に届いてから お客様自身がnitoritoの製品にハサミを入れて ストールの仕様を
変える事ができます。製品の最終完成形態をお客様が自ら選択する事ができます。


商品やサービス等の独自性・価値
2019年9月より販売を始めるので市場性はこれからですが 米沢の身近な風景や自然 季節から得たインスピレーションをデザインに落とし込み 常に纏ってもらえる様にストールという包み込める商品にしています。(nitorito)

米沢織と言えば呉服着物 男物など和装をイメージされる方が大多数で その反物はきっちりしっかりした高密度で織られた商品が高級品として定義されていますが 私どもの考える新しい定義は着物の帯をカジュアルにというテーマです 和装文化の柄行きは大事に継承しながら デフォルメ感満載の編み地ストールを開発欧米人向けのcoolな商品を展開(nitrito was abi)



商品やサービス等に対する評価
販売前で正確な評価を市場から貰っていませんが 
一部のアパレル業者やセレクトショップに見せた所 非常に興味があると高い評価を得ています。実際に個人で買いたいと言ってくださる方もいますので市場に出せば一定の評価 販売が見込めると期待しています。市場にはストールブランドが乱立していますがその中でもジャガード編みの商品群は少ないので稀少性もあると思っています。


情報発信の手段
8月よりnitoritoの自社hp展開 (EC展開も含む) instagram zutoo(こだわりの商品を扱うECサイト アプリあり) ててて往来市出店 9月(東京) エントワイン出店 10月(盛岡)


評価を活かす仕組みや体制
商品展開販売がこれからなので 具体策はこれからですが 外部のコーディネーターにも相談しながら評判の良い商品と数字のバランス ターゲットの絞り込み等の分析など


今後の計画
ストールから始まるブランドです。世の中にはファクトリーストールブランドは数多くあり商品が乱立している市場でもあります。我々は後発的なブランドですが 弊社 青文テキスタイルの特徴として
織物機械 丸編機械と 同じ布ですが全く種類が違う商品を製造できる強みがあります。両部門の良いところを発揮できますし 製造業者のデザイナーが作る布なので織編みのテクニックは秀逸です。
国内だけの販路ではなく海外特に欧米向けの展開を図りたい。


米沢への貢献
米沢織の新しいイメージを 市民の方に持って欲しい。(従来の呉服着物の文化は大事なのでこの文化は守りつつが前提ですが)
米沢織の技術は実は本当に高く世界のハイブランドがちゃんと認め使ってもらっているが 市民の方や県民の方に 全く浸透していません。
それは我々のアピール不足です。
世界的に見ても織の技術と経験値は世界の織の産地と比べても全く遜色がありません。(海外での展示会出展を経験しているので世界の産地も見る機会が数多くありました)
ただ足りないのは「何をしたら良いか?」という目的意識 特に長年OEMなどで下請け的な仕事を多くしてきましたので 自分たちが前に出て何かをするという明確な意思も
持ち合わせていなかったと思います。今回の米沢品質という旗印の下市場に自分たちが作りたいと思う物をきっちりブランドネームを付け 自分たちでマーケットを作っていける様
米沢から発信するファッションがカッコ良く身に付けたいと思ってもらえる様に情熱と信念を持って展開していきたい。
いつの日か今いる米沢の子供達がや県外の子供達が 米沢で就職を考える時に ファッションが出来る町として米沢が選択肢の中にあり そしてnitoritoを選択してもらえるよう 文化としてファッションが根づくようにしていきたいと思っています。




米沢の季節も大事! ブランドビジュアルボード



nitorito men's向けのラインナップ



松帯から発想した ニットストール 欧米向けに評価が高い





調査員評価集計結果

問1.秀でた「挑戦と創造」のバックグランドを感じる
そう思うグラフ3
どちらとも言えないグラフ0
そう思わないグラフ0

問2.「優れた品質」や「他にはない価値」を感じる
そう思うグラフ1
どちらとも言えないグラフ2
そう思わないグラフ0

問3.販売・広告活動等優れた取り組みをしている
そう思うグラフ0
どちらとも言えないグラフ3
そう思わないグラフ0

問4.米沢を代表し、米沢ブランドを高める事に貢献しそう
そう思うグラフ1
どちらとも言えないグラフ2
そう思わないグラフ0

問5.これからも更なる進化が期待できる
そう思うグラフ3
どちらとも言えないグラフ0
そう思わないグラフ0

評価 (5 / 1)

1
コメントを残す

1 コメント作者
新しい順 古い順
インキュベーションポートやまがた株式会社
評価 :
     

商品を作りに当たっての背景にとても共感しました。織物の新しい形が広まればいいと思います。応援しています!