牛肉どまんなかPIZZA

申請者情報

企業
PIZZA Ktarou
山形県米沢市万世町刈安24251-2
渡邉豪
渡邉豪
渡邉豪
090-2366-4141
info@ktarou.com

AWARD申請内容

:二次審査中


:産品

受賞を目指す産品やサービスの名称
牛肉どまんなかPIZZA



焼きたての牛肉どまんなかPIZZA


申請する商品やサービス等の概要
牛肉どまんなかPIZZAは米沢の企業3社、(株)アクセス米沢、(有)新杵屋、(株)福副(PIZZA Ktarou)が共同で開発・販売している冷凍PIZZAです。
この商品はコロナ禍で低迷する来場や、販売機会を失い大量に抱えた在庫等、3社がそれぞれに抱える悩みを解決しつつ、お客様にも喜んでいただける新商品として、アクセス米沢が発案し、新杵屋と福副が開発を行ないました。
ご当地駅弁として全国的に有名でファンの多い『牛肉どまんなか弁当』をPIZZAにするという新しい試みを行い、まどまんなかの米粉100%の生地を使用しながらも、食感を損なう事のない冷凍のPIZZAです。


挑戦と創造のストーリー
この商品の開発は(有)新杵屋の亀山部長が、コロナ禍で販売機会を失い在庫で抱えてしまっている大量のどまんなかの米を、どうにかならないか?とアクセス米沢の出川本部長に相談した事から始まります。
出川本部長もまたアクセス米沢が運営する『道の駅よねざわ』がコロナ禍で問題を抱えておりました。
両者の問題解決のために、出川本部長が思いついたのが、どまんなかの米を米粉にし様々な商品に生まれ変らせ、道の駅のプライベート商品として販売していくという事でした。
その米粉を使った商品の中の一つとして、『牛肉どまんなか弁当をモチーフにした米粉のPIZZA』の案が出ます。
そこで、道の駅にピザを納品していた、(株)福副(PIZZAKtarou)に声がかかり3社での共同開発が始まりました。
・米粉を使う事、・どまんなか弁当を忠実に再現したPIZZAの開発、・3社に利益が残る商品作りがミッションとなり、米粉を使った生地、四角の生地、生地に合う具材のバランス、価格の調整と、販売開始まで役半年を要して商品が出来上がりました。
米粉100%の生地は従来の製法では、生地が硬くなってしまい商品にはなりません。満足の行く食感を実現するため何回もの施策を繰り返し、今までのピザ生地とは全く違う製法に挑戦し、調味料のバランスは0・5%単位で調整し、各社の意向が合わず某社の社長を説得しに、私が夜の11時に仙台へ出発し1:00近くまで説得と調整をしたこともありました。
多くの困難を乗り越え2020年11月に、味だけでなくサイズまで牛肉どまんなか弁当を再現した商品の販売が開始されました。


商品やサービス等の品質の高める工夫
ピザやパンに生地に米粉を使うと通常は食感が損なわれます。米粉100%で食感を損なわない生地作りは本当に難題でした。
従来の製法では、小麦粉に米粉を配合した形で『酵母』を使って『発酵』させて、その後職人が生地を伸ばして、窯で焼き上げ生地を作りますが、この製法で米粉100%の生地は作れません。
牛肉どまんなかPIZZAの米粉100%生地は、従来の製法とは全く違う、『酵素』と『分解』の作用で出来上がっています。


商品やサービス等の独自性・価値
従来のPIZZA生地作りでは熟練した職人が時間をかけて生地を焼き上げる必要がありましたが、新しい製法では誰でも作ることが出来て時間も要しない、そしてさまざまな生地の形に対応できる様になりました。
また結果的にコストの削減にも繋がり、3社が共に利益を出す販売経路を持つ商品となりました。


商品やサービス等に対する評価
2020年11月に販売を開始し、2021年7月末時点で4600枚の販売実績となっています。
大手ECサイトでの販売も行っていて、レビューでは星5つ中の4.1の評価を得ています。


情報発信の手段
自社のWEBサイトでの販売、道の駅米沢での販売、大手ECサイトでの販売、SNSでの広告、今後は郵政のカタログに掲載される予定です。
バンキシャ、ニュースエブリ、所さんのお届け物ですよ、など全国放送も何回か取り上げていただき、県内各社のメディアにも取り上げていただいています。


評価を活かす仕組みや体制
ECサイトのクチコミや、生産体制のこまめなチェックを行い、品質、生産効率ともに常に商品のブラッシュアップを行っています。


今後の計画
現状は、道の駅よねざわの販路と新杵屋の店頭販売が主になっていますが、今後はより一層3社のチャネルを活かし販売数を伸ばしていきます。


米沢への貢献
牛肉どまんなかPIZZAは、一社だけが利益を得る商品ではありません。
関わった3社とその関係各所を活性化する商品です。

また、3社でタッグを組んで各社の強みと販売チャネルを活かした今回の取り組みは、大きな発展の期待があり、今後米沢の様々な企業・分野でも応用できる形だと考えています。
米沢の各社がタッグを組み、それぞれの強みが融合した新たなサービスや商品づくりの一例として取り上げて頂き、地域の活性化に繋がって欲しいと考えています。









調査員評価集計結果

問1.秀でた「挑戦と創造」のバックグランドを感じる
そう思うグラフ6
どちらとも言えないグラフ0
そう思わないグラフ0

問2.「優れた品質」や「他にはない価値」を感じる
そう思うグラフ3
どちらとも言えないグラフ3
そう思わないグラフ0

問3.販売・広告活動等優れた取り組みをしている
そう思うグラフ3
どちらとも言えないグラフ3
そう思わないグラフ0

問4.米沢を代表し、米沢ブランドを高める事に貢献しそう
そう思うグラフ5
どちらとも言えないグラフ1
そう思わないグラフ0

問5.これからも更なる進化が期待できる
そう思うグラフ5
どちらとも言えないグラフ1
そう思わないグラフ0

評価 (4.5 / 4)

5
コメントを残す

5 コメント作者
新しい順 古い順
しゃちょう
評価 :
     

大人気の駅弁の味そのままにピザにした取り組みは素晴らしいと思います!さらにコロナ禍の中で生まれたアイデアがすぐに商品化まで進んだスピード感も◎です!ぜひ今以上に売り込んでほしい商品です!

@サトウ
評価 :
     

牛肉どまんなかをピザにするという発想がとてもおもしろいと思います。また、米粉100%の生地を使うというこだわりもオリジナリティがあり、食欲をそそられます。

新米

三社がタッグを組んだ取り組み、というのがまず素晴らしいです!駅弁をピザにする発想もユニークで面白いと思います。
牛肉と米粉のピザ生地の相性も良く、本当に駅弁がそのままピザになったかのようでした。とっても美味しかったです!

覆面調査員X
評価 :
     

コロナ禍の困難な状況に挑戦し創造されたコラボ商品。市民からも評価されていると思う。

りさぶろう
評価 :
     

この商品にこのようなストーリーがあったこと初めて知りました。3社ともコロナ禍の影響を受けて大変な状況にあった中、タッグを組んで開発した素晴らしい商品だと思います。そして何より美味しい!